脱炭素化促進事業サービス

AI×環進帳SDGS診断システム

●目的と特徴

 

 

環進帳とは、電気料金や燃料費などのエネルギー代、ごみ処理費等の会計データを入力することで、現状のCO2排出量が概算で算出・表示されるシステムです。

 

会計ソフトと連動することができ、自動的にCO2排出量を計算します。

 

 

CO2排出量について、業界平均との乖離が把握できます。

 

 

対応するSDGs17分野の表示がグラフ等で表示され、今後の課題を示唆します。

製品LCAに係わるCO2を把握

会計データを基にして算出した上流工程の製品のCO2量は、納品先に報告できます

製品やサービスの上流工程のCO2算定をしたい方

全企業活動のCO2量は、カーボンニュートラル目標の指標になり、対外的にPRできます

炭素生産性を把握する

 

省エネ法(税制優遇措置)対応をしたい方 

組織LCAに係わるCO2を把握

全企業活動のCO2算定をしたい方

●環進帳の算出結果に関する注意

 

<3EIDについて>

 

環進帳では、購入金額からCO2排出量を概算で算出する場合、「産業連関表による環境負荷原単位データブック(3EID)」を使用しています。

 

産業連関表は生産活動の種類によって区分された約400の部門で構成されており、一定程度のあいまいさを含みます。

 

また、海外で生産された製品を輸入する場合なども、乖離が大きくなりますので、注意が必要です。

 

より正確なCO2排出量を求める場合は、金額ではなく、数量を元に算出することをお勧めいたします。海外からの輸入品についても割合が高い場合などは個別に判断が必要です。

 

 

<GHGとCO2>

 

GHGとは、二酸化炭素(CO₂)、メタン(CH₄)、一酸化二窒素(N₂O)、ハイドロフルオロカーボン類(HFCs)、パーフルオロカーボン類(PFCs)、六フッ化硫黄(SF₆)、三フッ化窒素(NF₃)の7種を指します。

本来、CDPなどに報告する温室効果ガス排出量は7種すべてが対象となりますが、環進帳ではCO2のみを算出対象としていますのでご注意ください。

 

 

<輸送に関する排出量の考え方について>

 

原料や人などを輸送する場合、社用車を利用する場合は、輸送に関するCO2排出量は、燃料費としてSCOPE1に現れます。

 

外部へ輸送を委託する場合は、外部委託費(運送費)が輸送部分にあたるため、そのCO2排出量はSCOPE3 カテゴリ4に現れます。

Screenshot 2022-8-30 at 04.02 PM.png

見積もりを依頼する

有難うございました!