研究所について

研究とは

研究」は、設立目的および5つの活動方針(活用促進・社会提言・人材育成・国際連携・理解促進)に関するテーマについて議論を深め、提言や実践的な活動を行っていく場として設置されました。

各研究会は、タイムリーで具体性のある政策提言や、最先端のディープラーニング(DL)ビジネス課題の本質に迫るための議論を行い、それぞれの課題に応じたゴールを明確に設定し、その達成に向けて活動しています。

理事会、正・賛助会員企業、有識者会員にとって開かれた議論の場であり、DLビジネスに関わる幅広いステークホルダーの多様な知見を共有しながら議論を深め、価値あるアウトプットを協会内外に向けて発信します。

研究概要

趣旨活動方針の下、DL技術の横断的かつ実質的な社会実装を図るとともに、
協会活動に資する専門のテーマを議論することを目的としてテーマ(課題)毎に研究会を設置する。

テーマ理事会による決定
※総会に合わせた年次計画に基づいて決定。期中の発足は都度理事会で協議、決定する。

構成メンバー座長 1名 ※理事会による指名(原則J理事)
副座長 若干名 ※座長による指名・会員社(正・G以上)より推挙された者
研究員 会員ならびに会員企業に属する者・その他座長が必要と認めた者

活動期間通年

活動内容テーマに関する特定トピックについて有識者、話題提供者による講話と議論を行う勉強会形式を主体とし、
各回の要旨を作成して会員向けに内部展開する。中間報告書ならびに最終成果物の作成、公開を行う。

活動頻度月一回程度

参加資格

参加資格:会員
ご参加の詳細については、概要資料の6ページ目をご確認ください。入会に関しては、こちらをご確認ください。

研究一覧

研究名検討課題

AIガバナンスとその評価
座長:江間有沙
東京大学 未来ビジョン研究センター 特任講師多様なアクターによる管理・評価の体制の在り方を「ガバナンス」と定義し、
どのようなガバナンスの形がありうるのか調査し、信頼されるAIの構築の一助とする。

契約締結におけるAI品質保証の在り方
座長:南野充則
株式会社FiNC Technologies 代表取締役CEO「品質保証」に対する概念や理解の不一致を解消し、AI開発におけるトラブル防止に繋げるとともに
契約締結の円滑化によってAI利活用の促進をはかる。

CETL >

  1. 協会について  >

  2. 研究会について

1_Primary_logo_on_transparent_298x67.png
7_ページ_5.jpg
最先端技術_ページ_04.jpg
最先端技術_ページ_02.jpg
最先端技術_ページ_07.jpg
最先端技術_ページ_08.jpg
最先端技術_ページ_01.jpg
最先端技術_ページ_24.jpg
最先端技術_ページ_09.jpg
最先端技術_ページ_10.jpg
最先端技術_ページ_11.jpg
最先端技術_ページ_12.jpg
最先端技術_ページ_05.jpg
最先端技術_ページ_06.jpg
最先端技術_ページ_03.jpg
最先端技術_ページ_13.jpg
最先端技術_ページ_15.jpg
最先端技術_ページ_14.jpg
最先端技術_ページ_16.jpg
最先端技術_ページ_17.jpg
最先端技術_ページ_19.jpg
最先端技術_ページ_18.jpg
最先端技術_ページ_20.jpg
最先端技術_ページ_21.jpg
最先端技術_ページ_23.jpg
最先端技術_ページ_22.jpg
123.jpg
1.jpg

実験は、顧客の興味・関心が高そうな「オススメ」メニューを提案して、注文時の迷いを軽減する機能の有効性と、店舗における接客業務の効率化、さらにウィズコロナ時代に求められる非対面・非接触操作による注文の有用性を検証するもの。

実験期間は8月2日~6日。

感情AI技術は、深層学習(ディープラーニング)を用いて、人の自然な表情、振る舞いから潜在的な感情を推定する技術。「提案型注文システム」は、接客支援ミドルウエア「Counter」に搭載した感情AI技術の1つである「興味・関心推定技術」を用い、セルフ注文端末のカメラから得た表情データと視線センサーから得た視線データから、独自のアルゴリズムにより、顧客の興味・関心が高そうな「オススメ」メニューを提案して、顧客の注文をサポートする。

メニュー選択の迷いを解消することに加えて、注文のしかたがわからないことによる顧客の焦り、緊張の緩和、さらには、注文時間の短縮とスムーズな注文による店舗スタッフの生産性向上とストレス軽減などが期待できるという。

実証実験では、サブウェイの実店舗において、実験に同意した顧客が実際に注文し、その使用感をアンケートにより収集して、サブウェイの注文スタイルに不慣れな顧客でも容易に、かつ非接触操作で安心して注文ができるかを検証する。また、一人あたりの接客対応時間の短縮など、効率化も実証実験する。

注文を完全に自動化した端末において、視線入力、音声入力などを組み合わせた非接触対応を実現することにより、ウィズコロナ時代における感染症予防の「新常態」に適応した新しい接客サービス提供を目指す。

感情AI技術

20210803oki.jpg