1_Primary_logo_on_transparent_298x67.png

ミッションMission

体の成り立ちを理解し、次世代の医療に貢献する

受精卵という1つの細胞から出発した生命は、細胞の数と種類を増やし、やがて組織や器官を構成して体をつくりあげます。これを実現している仕組みを解明することは、生命科学における最重要課題の一つであると同時に、疾病メカニズムの理解や、再生医療を始めとする次世代医療の推進のためにも必須です。

研究所 多細胞システム形成研究センターは、その前身である発生・再生科学総合研究センターで培われた発生生物学、分子細胞生物学、再生医学における独創的な研究を礎として、目標をより明確に設定した研究プログラムを推進しています。

これらのプログラムでは、生命の根幹を担う遺伝情報の維持機構、細胞分化や環境変化に伴う遺伝子のエピジェネティックな制御機構、幹細胞の維持・分化機構といった細胞レベルの課題から、細胞集団が複雑な組織や器官を形成していくメカニズムまで、幅広く重要課題に挑み、それらの統合的な理解を目指します。さらに、生物学と数理・物理科学との融合を図り、力学モデルや統計学的モデルを導入して複雑な体が形成される原理を明らかにします。

、これらの基礎研究から得られる知見を、ヒトの様々な疾病の原因究明に役立てます。また、幹細胞から組織や器官を試験管内で形成する技術を確立し、再生医療を始めとする新しい医療技術の創出に貢献します。現在は、まず網膜再生に関する研究を着実に実施し、医療機関等と連携して治療法確立に向けた橋渡しを進めております。今後はさらに、これまで再生が難しいと考えられてきた器官の再生にも挑戦していきます。

これらの研究を革新的に進めるためには他分野との連携が必須です。そのため、理研の生命システム研究センター(QBiC)、ライフサイエンス技術基盤研究センター(CLST)、主任研究員研究室を始めとする各組織や、外部の研究機関、大学、企業、病院等との共同研究を推進していきます。人材育成も重要なミッションです。これまでに築き上げた若手育成のポリシーを引き継ぎ、これを通じて大学等他機関との人事交流を促進します。また、神戸市や兵庫県等行政との連携もさらに深め、社会の期待に応える研究成果を発信していく所存です。

多細胞システム形成研究センター

研究室の編成と組織を再編しました。運営機能を強化すると共に、研究組織としては4つのプログラム、「細胞環境応答研究プログラム」、「器官創成研究プログラム」、「幹細胞臓器再生研究プログラム」、「発生・数理科学研究プログラム」と、これらのプログラムから得られる成果を臨床研究に展開し、新しい医療技術の創出に導く「網膜再生医療研究開発プロジェクト」を設置しています。2016年9月には、産業界との連携制度に基づき、「弊社-大塚製薬連携センター」を設置しています。

センター長

国龍

 

運営会議

 

 

 

 

 

副センター長于紅紅

 

 

 

センター長室

 

 

 

研究倫理教育責任者

 

 

 

アドバイザリー・カウンシル

 

 

 

細胞環境応答研究プログラム

 

形態形成シグナル研究チーム(林 茂生)

 

成長シグナル研究チーム(西村 隆史)

 

染色体分配研究チーム (北島 智也)

 

発生エピジェネティクス研究チーム(平谷 伊智朗)

 

血管形成研究チーム(Li-Kun Phng)

 

心臓再生研究チーム(木村 航)

 

 

 

器官創成研究プログラム

 

高次構造形成研究チーム(竹市 雅俊)

 

非対称細胞分裂研究チーム(松崎 文雄)

 

大脳皮質発生研究チーム(花嶋 かりな)

 

感覚神経回路形成研究チーム(今井 猛)

 

上皮形態形成研究チーム(Yu-Chiun Wang)

 

比較コネクトミクス研究チーム(宮道 和成

 

 

 

幹細胞臓器再生研究プログラム

 

器官誘導研究チーム(辻 孝)

 

呼吸器形成研究チーム(森本 充)

 

細胞外環境研究チーム(藤原 裕展)

 

立体組織形成研究チーム(永樂 元次)

 

ヒト器官形成研究チーム(髙里 実)

 

 

 

発生・数理科学研究プログラム

 

体軸動態研究チーム(猪股 秀彦)

 

個体パターニング研究チーム(濱田 博司)

 

 

 

研究開発プロジェクト

 

網膜再生医療研究開発プロジェクト(髙橋 政代)

 

 

 

先端技術支援・開発プログラム

 

一細胞オミックス研究ユニット(二階堂 愛)

 

 

 

産業界との連携制度

 

弊社-大塚製薬連携センター(濱田 博司)

 

【発生・再生分野 関連研究室】

主任研究員研究室
倉谷形態進化研究室(倉谷 滋)

准主任研究員研究室
Yoo生理遺伝学研究室(YOO Sa Kan)

ライフサイエンス技術基盤研究センター(CLST)
超微形態研究チーム(米村 重信)
生体ゲノム工学研究チーム(古田 泰秀)
生体モデル開発ユニット(清成 寛)
細胞動態解析ユニット(清末 優子)
分子配列比較解析ユニット(工樂 樹洋)

生命システム研究センター(QBiC)
再構成生物学研究ユニット(戎家 美紀)
フィジカルバイオロジー研究チーム(柴田 達夫)
発生幾何研究ユニット(森下 喜弘)

 Annual Report(英語)

各研究室の紹介や、その年の研究成果やトピックについて紹介します。

詳細はこちら

 

パンフレット

研究ミッションや各研究室をご紹介するパンフレットです。

詳細はこちら

 

周年記念誌

発生・再生、そして再生医療分野における最先端の研究を多彩なイラストや画像と共に紹介します。

詳細はこちら

 

周年記念誌

発生生物学や幹細胞研究の魅力と最新の成果を分かりやすく紹介する冊子です。日本の発生生物学を牽引してきた研究者4人による対談も掲載。

詳細はこちら

国際連携機関Affiliation

現在、以下の外国機関との協力協定を結んでいます。
個々の研究者間の研究協力を基盤として、内外の機関との研究者の交流を中心とした機関間協力を行っています。

ドイツ・マックス・プランク分子・細胞・遺伝子研究所 (2004.8~)

スペイン・ポンペウ・ファブラ大学 (2012.7~)

スペイン・生物医学研究所 (2012.8~)

スペイン・ゲノム制御センター (2012.9~)

韓国・韓国科学技術院 (2013.3~)

オランダ・アムステルダム自由大学地球生命科学部 (2015.9~)

ドイツ・ベルリン自由大学数理計算科学部 (2015.9~)

タイ・チュラーロンコーン大学薬学部 (2015.11~)

理化学研究所と連携している国外研究機関 (2005.7~)

 

研究協力についてご興味のある研究者の方々は、各研究室のリーダーにお問合せ下さるようお願いいたします。

情報公開Public Information

研究倫理委員会(事業所HPに移動) 

おける動物実験実施状況等について(国立大学法人動物実験施設協議会等会員校情報公開)

アドバイザリー・カウンシルからの提言

調達情報(HPに移動) 

情報公開について(HPに移動) 

 

 

 創薬・医療技術基盤プログラムの特徴として、研究開発を牽引する戦略チームに特化していることです。創薬・医療技術の実現には、創薬ターゲット等の同定といった研究開発の上流から臨床試験への橋渡しまで広範なものが必要となり、それぞれの場面での専門人材が求められます。

 そこで、創薬・医療技術基盤プログラムでは、このマネジメントチームの構築に重点化させ、研究開発が着実に進めるような体制としています。具体的には、個々の創薬・医療技術テーマやプロジェクトを推進するテーマリーダーを決め、担当ポートフォリオマネジャーがテーマリーダーを支えアドバイスします。テーマリーダーは研究者ですが、ポートフォリオマネジャーは製薬企業での研究開発の経験のある中堅の研究者です。このツートップ体制で研究計画を立案することにより、最適な計画と実行ができるようにしています。

 テーマリーダーのもとには、各創薬基盤のスタッフが協力して横断的なチームを構成します。このマトリックス組織により、創薬・医療技術に必要な広範な基盤技術にアクセス可能としています。さらに、臨床試験等への橋渡し段階においては、薬理試験、薬物動態などそれぞれを専門とする臨床開発マネジャーや臨床研究・治験の規則に精通した規制科学マネジャーが参画しています。

マネジメントチームの構成

 創薬・医療技術基盤プログラムのマネジメントチームは、免疫抑制薬タクロリムスの発見・開発に主導的な役割を果たしてきた後藤俊男プログラムディレクターのもと、医療ニーズや生命科学的な観点から研究開発を企画・評価を担当する副プログラムディレクター、製薬企業での研究開発の経験のあるポートフォリオマネジャー、臨床開発や規制科学を担当するマネジャーなどから構成されています。創薬や医療技術を実現させる使命のもと、強力なリーダーシップで研究開発を推進・支援していきます。

 ライフサイエンス研究においては創薬・医科学分野の研究成果や研究開発の基盤技術の提供を通じて、新しい医薬の創出や医療技術を実現させ、人々を悩ます疾患の克服や安心・安全な生活に寄与していくことが求められています。

 研究所では、新たに社会知創成事業を発足させ、これらの期待に応えるべく後藤俊男プログラムディレクターのもとに創薬・医療技術基盤プログラムを開始しました。プログラムでは、日本発の革新的な医薬や医療技術の創出を目標にして、ライフサイエンス研究で培われた研究基盤を活用し、戦略的なチームによる着実な実現を図ります。大学・研究機関の優れた創薬・医療技術シーズを探索して、これらのシーズについて研究開発段階のステージアップを図り、企業・医療機関に橋渡しすることで、創薬・医療技術の分野における研究開発のスタンダードモデルを構築します。

 

図 創薬・医療技術基盤プログラムの位置づけ

 創薬研究のプロセスは、疾患ターゲットやメカニズムの特定、疾患に関係するタンパク質等に作用するリード化合物の探索・同定、リード化合物の最適化、薬効の確認試験、安全性の確認などの非臨床試験、その後の臨床試験という流れになっています(上図)。医療技術は、多岐に渡りますが、再生医療であれば、特定の細胞・組織の創出、これらの機能確認、安全性の確認の試験などの流れになります。創薬・医療技術基盤プログラムは、創薬・医療技術シーズをステージアップさせるために、牽引役・司令塔の役割を果たし、創薬・医療技術プラットフォーム技術を活用しながら、効果的に研究開発を進めます。


 創薬・医療技術基盤プログラムは、創薬・医療技術研究のバトンゾーンを目指して、3つの機能を柱に据えています。「研究開発を牽引するマネジメントチーム」、「革新的な創薬・医療技術を目指すシーズ群」「研究開発を支える強力なプラットフォーム技術」です。 これらの3つの機能が有機的に繋がることで、効果的な研究開発を進め、創薬・医療技術の実現を図ることができます。

 

研究開発を牽引する
マネジメントチーム

 

 

 


創薬・医療技術シーズの着実なステージアップを図るため、創薬研究の経験のあるポートフォリオマネージャーを置いています。個々の創薬・医療技術テーマやプロジェクトを推進するリーダーをサポートして、研究計画の立案から進捗管理までを支援します。

 

 

 

 

革新的な創薬・医療技術を
目指すパイプライン

 

 

 


治療満足度の低い疾患領域、オーファンドラッグや新しいコンセプトに基づいた革新的な創薬・医療技術の実用化を目指すテーマ・プロジェクトを紹介します。癌疾患領域や脳中枢疾患領域などに分類しており、研究開発の進捗状況をご覧いただけます。

 

 

 

 

創薬・医療技術研究に特化した
基盤技術のプラットフォーム

 

 

 

独自の創薬・医療技術研究における基盤技術の強化とネットワーク化を図ることで、創薬研究支援のワンストップ化を実現します。スクリーニングを担当する創薬分子設計基盤や創薬生化学スクリーニング基盤など総合的な技術プラットフォームを展開しています。

 

 

 

 

 

 

事業開発室 創薬標的の 同定・解析 シード創出 リード最適化 前臨床 臨床試験 S0 S1 S2 S3 L1 L2 L3 P0 P1 P2 P3 基礎研究予算 創薬 ・ 医療技術基盤プログラム TR 予算 Exit1: MTA・共同研究 Exit2: ライセンス・ 共同研究 (( ) Exit3: ライセンス・ 共同研究 P 段階 臨床開発 (候補)品 L 段階 リード化合物・ 抗体特定 S0,S1 段階 創薬標的 特定 創薬・医療技術基盤プログラムは、理化学研究所内外に関わらず基礎研究で培われた創薬シーズを発掘し、 理研の各センター等に設置された創薬基盤ユニットや外部基盤ネットワークを活用してリード最適化を図り、 最終的に企業や医療機関などに導出することを目標としています。事業開発室では、創薬 ・医療技術基盤 プログラムが推進する創薬テーマ ・プロジェクトについて、企業や大学、研究機関との共同研究やライセンシング などのアライアンス部分を担当しています。 事業開発室では、創薬テーマ ・プロジェクトのパートナー企業を随時募集しています。募集中の創薬テーマ ・ プロジェクトにご関心をお持ちいただいた場合、まずは公開情報(nonconfidential)の紹介、 その先は 提供するライセンス契約タイプ、パートナー企業と一緒に研究開発を進めていく共同研究(開発)タイプ、研究開発 の進捗を見極めて成果導入を図るためにライセンス契約の優先交渉権を付与するタイプなどがあります。 秘密保持契約を締結の上で非公開情報の開示をいたします。また、アライアンスの場合は、実施権や関連情報を 事業開発室が提案する出口戦略には、3つのタイプがあります。 2010年の創薬 ・医療技術基盤プログラム発足以来、採択した累計 8 プロジェクトの中から、これまでに 3 プロジェクトが EXIT しました。 また、パートナー企業を募集している創薬テーマ ・プロジェクトについては、一部、 ホームページ上で公開情報を紹介しています。 個別標的・疾患について企業とMTA や共同研究を行う。 創薬標的(シード)特定段階での移転。 強い特許出願段階で企業とアライアンス。 開発品を包含できる特許提出段階での移転。 臨床開発(候補)品段階での移転。 出口1(MTA、共同研究): <研究開発ステージと出口戦略> 出口2(ライセンス、共同研究): 出口3(ライセンス、共同研究): プロジェクト リーダー 対象疾患 医薬品カテゴリ アルツハイマー治療薬 杉本 八郎 アルツハイマー 出血性副作用のない抗血栓薬 宮田 敏男 血栓症 低分子 低分子 タイプ EXIT2(2011年度、産業革新機構による投資) EXIT3(2012年、共同研究契約期間満了) NKT細胞を用いたがん治療 谷口 克 肺がん 再生/細胞 EXIT3(2012年度、医療機関への導出)

「特定の病態を制御しうるターゲット分子」、そして「そのターゲット分子を制御しうるモダリティー」、この二つの要素が揃った時に成立するプロセスが創薬です。「ターゲット×モダリティー」から生じたプロダクトが疾患の症状を改善し、さらには治癒に至ることが証明された時に、医薬品としての価値を獲得します。1980年代以降に発展した分子生物学は、単細胞生物~多細胞生物のシグナル伝達、生理的メカニズムを明らかにし、引いてはヒトの病態メカニズムを分子レベルで語ることを可能としました。「ターゲット」と「モダリティー」の二つの要素は、いずれも生体の分子メカニズム解明から生まれて来ています。感染症、がん、循環器疾患、免疫疾患、中枢疾患、代謝疾患等の分子レベルでの発症、進展メカニズム解明が進み、多くの創薬ターゲットが日の目を見る機会を得ました。そのターゲットを制御するモダリティー(創薬技術)も、長い歴史を誇る有機合成のみならず、遺伝子組み換えによるタンパク医薬、抗体医薬、核酸医薬、細胞・再生医薬、そしてゲノム編集技術へと進化して来ました。現在、創薬の世界は、たゆみない「ターゲット×モダリティー」の進化により、多くの新薬が生まれ、過去のアンメットニーズの在り方を大きく転換して来ました。成人病と言われる疾患の多くは、かなりの程度、制御可能な領域に入って来ています。とは言え、未だ対症療法に過ぎない場合も多く、個々人を見極め完全な治癒に至るレベルを理想とすれば、まだまだ満足出来るレベルには到達していません。また、モダリティーのバラエティーは増えましたが、病態に取って最適なレベルには程遠いと考えます。

創薬・医療技術基盤プログラムが果たす役割は、一言でいえば「ターゲット×モダリティー」の進化を理研のサイエンス&テクノロジーを梃としてさらに加速させることにあります。本プログラムは初代・後藤プログラムディレクターの下、2010年からスタートし、臨床ステージアップ/企業ライセンス 14件という大きな成果を上げています。低分子創薬、細胞・再生医療分野での成果もさる事ながら、新規モダリティーとして確立したアジュバンドベクター細胞 (aAVC) 技術は、今後の創薬に大きな影響を与える可能性を秘めています。2021年度よりバトンを引き継ぐ私は、新PDとして、以下の三点に着目して本プログラムを進めたいと考えています。①アンメットニーズは明確だが創薬ターゲットが未知でこれまでアプローチが難しかった疾患(希少疾患等)、②既に医薬品は存在しているが最適なモダリティーに至っていない疾患へのアプローチ(バイオプロダクトの低分子化等)、③新規モダリティー(創薬技術)の創出、この三点です。理研には、「ターゲット」と「モダリティー」の二つの要素を産み出すサイエンス、テクノロジーが溢れており、独自の着眼点を持ってこのパワーを創薬に向けて解き放てば、自ずから創薬のさらなる進化が実現出来るものと確信しています。

 

プログラム概要

創薬・医療技術基盤プログラムは、理研の各研究センターや大学等で行われる様々な基礎疾患研究から見いだされる創薬標的(疾患関連タンパク質)を対象に、各研究センターが設置する創薬基盤ユニットが連携して医薬品の候補となる低分子化合物、抗体等の新規物質を創成し、知的財産の取得を目指す創薬・医療技術テーマを推進すると共に、非臨床研究段階のトランスレーショナルリサーチである創薬・医療技術プロジェクトを支援しています。最終的には、これらを適切な段階で企業や医療機関に移転することを目指しています。

推進領域
1.低分子医薬領域
2.抗体医薬・ワクチン領域
3.細胞医薬・再生医療領域
4.創薬・医療技術基盤の構築のための開発整備

 

研究組織の紹介

 

研究所 横浜キャンパスは、生命と環境について、
さまざまな側面から研究を行う四つの研究センターを
支える拠点です。
また、横浜キャンパスだけでなく、
他地区にも拠点を持つ研究組織もあり、
それぞれの拠点でサポートを受けながら、
研究活動を続けています。

生命医科学研究センター(IMS)

主な拠点

横浜キャンパス

“病気になる”メカニズムを解明し、
個々人に合わせた医療と予防をめざす

個人ごとのゲノムや環境による違いを踏まえた正確で効率的な医療を実現するため、生命の恒常性の理解やその破綻による疾患発症機構の解明を目指した生命医科学研究を推進し、生活習慣病やがん、皮膚炎やリウマチをはじめとした慢性炎症の理解と治療に貢献します。

生命医科学研究センター

生命機能科学研究センター(BDR)

主な拠点

神戸キャンパス・大阪キャンパス・横浜キャンパス

生命現象の階層と時間軸をつなぎ、健康寿命の延伸をめざす
-「生きている」仕組みをひも解く-

多細胞生物の誕生から死までのライフサイクルの進行を、分子・細胞・臓器の連関による調和のとれたシステムの成立とその維持、破綻に至る動的な過程として捉え、発生・成熟・老化現象の解明を目指します。また、その応用にもとづく再生医療や診断技術の開発、健康寿命の延伸に取り組みます。

生命機能科学研究センター

環境資源科学研究センター(CSRS)

主な拠点

横浜キャンパス・和光キャンパス

環境負荷の少ない「モノづくり」を理念に
「課題解決型」研究で、持続的社会の実現に貢献する

国連で採択された「持続可能な開発目標 (SDGs)」および温室効果ガス排出ゼロを目指す 「パリ協定」を指標に研究を推進しています。生物学と化学、さらに最先端のデータ科学等を融合し、天然資源からの有用物質の創製・探索および利用、持続的な食料生産やバイオ生産など、環境負荷の少ない「モノづくり」に挑戦しています。

環境資源科学研究センター

計算科学研究センター(R-CCS)

主な拠点

 

神戸キャンパス・横浜キャンパス

ハイパフォーマンス・コンピューティングで未来を拓く
―「計算の 計算による 計算のための科学」―

国際的な高性能計算科学分野の中核拠点として、「計算の科学」と「計算による 科学」、両者の相乗効果による「計算のための科学」の探求とその成果であるソ フトウェア等のテクノロジーの発展や国内外への普及を推進しています。 また、神戸キャンパスでは、2021年3月に共用開始されたスーパーコンピューター「富岳」の運用を 行っ ています。研究機関・大学にとどまらず産業界からの利用等を通し、幅広い分野で世界トップレベルの成果を創出することを目指します。

計算科学研究センター

情報統合本部(R-IH)

主な拠点

和光キャンパス・横浜キャンパス・東京キャンパス・けいはんなキャンパス

情報を集約し統合することで、新たな科学を先導し課題解決へつなげる

理研全体の情報基盤を統合的・戦略的に構築・運営する役割を担い、情報環境の企画、構築、運用、利用者支援を担う情報システム部および基盤研究開発部門と、先進的な情報研究や学問分野横断的な情報に係る研究開発プロジェクトにて構成され、このうち先端データサイエンスプロジェクトが横浜で活動しています。

情報統合本部

科技ハブ産連本部(RCSTI)

主な拠点

和光キャンパス・横浜キャンパス

大学、研究機関や産業界と協働することで、イノベーションの創出を推進する

大学等への科学技術ハブ機能の形成・強化に加え、産業界と連携する取組みとして、バトンゾーン研究推進プログラム及び産業共創プログラムを、 健康長寿社会の実現に資する連携を促進するための研究プログラムとして、創薬・医療技術基盤プログラム、予防医療・診断技術開発プログラムに取り組みます。

科技ハブ産連本部

123.jpg
研究室_ページ_07.jpg
研究室_ページ_09.jpg
研究室_ページ_10.jpg
研究室_ページ_08.jpg
研究室_ページ_11.jpg
研究室_ページ_13.jpg
研究室_ページ_12.jpg
研究室_ページ_14.jpg
研究室_ページ_15.jpg
研究室_ページ_17.jpg
研究室_ページ_16.jpg
研究室_ページ_19.jpg
研究室_ページ_23.jpg
研究室_ページ_43.jpg
研究室_ページ_20.jpg
研究室_ページ_22.jpg
研究室_ページ_18.jpg
研究室_ページ_21.jpg
研究室_ページ_25.jpg
研究室_ページ_36.jpg
研究室_ページ_35.jpg
研究室_ページ_26.jpg
研究室_ページ_24.jpg
研究室_ページ_27.jpg
研究室_ページ_32.jpg
研究室_ページ_34.jpg
研究室_ページ_37.jpg
研究室_ページ_38.jpg
研究室_ページ_39.jpg
研究室_ページ_41.jpg
研究室_ページ_42.jpg
Screenshot (9).png
研究室_ページ_01.jpg
研究室_ページ_02.jpg
研究室_ページ_03.jpg
研究室_ページ_04.jpg
研究室_ページ_06.jpg
研究室_ページ_05.jpg
研究室_ページ_28.jpg
研究室_ページ_29.jpg
研究室_ページ_30.jpg
1_Primary_logo_on_transparent_298x67.png
研究室_ページ_31.jpg
研究室_ページ_33.jpg

医学・医療福祉学の研究幹細胞およびその他の細胞を用いたヒト臨床を伴わ研究
具体的には、再生医療の基盤を構築する上で必要な研究(分子細胞生物学,細胞生物学,発生工学,組織工学,材料工学等),創薬技術への利用等の応用研究の他,新規のアイデア応用研究

Screenshot (5).png
Screenshot (18).png
Screenshot (20).png
Screenshot (7).png
Screenshot (2).png
googlelamda_1280x960.jpg

AI表情認識技術を活用した、顔面神経麻痺の臨床経過を評価するアプリケーションを開発し、杏林大学医学部付属病院の患者データを利用して、検証評価を行う。顔面神経麻痺の評価(診断)は、これまで医師の主観に基づいて行われ、検者によって評価が一定しない課題を抱えていた。共同研究では、AI表情認識技術を利用した定量評価を診断過程に用いることにより、顔面神経麻痺の新たな評価法を確立し、実際の診断・治療業務におけるAI活用を広めることを目指していく。

健康長寿ネットと健康な心と体づくり会.png
161577653864319400_a700x398.jpg
研究室_ページ_44.jpg
googlelamda_1280x960.jpg
b329-khstaxs1862251.jpg
210850722956.jpg