hocit表札社团_ページ_1.jpg
hocit表札社团_ページ_3.jpg
hocit表札社团_ページ_2.jpg
一般社団法人貿易振興最先端技術協会_ページ_11.jpg
一般社団法人貿易振興最先端技術協会_ページ_10.jpg
一般社団法人貿易振興最先端技術協会_ページ_09.jpg
一般社団法人貿易振興最先端技術協会_ページ_08.jpg
一般社団法人貿易振興最先端技術協会_ページ_05.jpg
一般社団法人貿易振興最先端技術協会_ページ_04.jpg
一般社団法人貿易振興最先端技術協会_ページ_03.jpg
the-coronavirus-pandemic_600x334.jpg
Screenshot - 2021-01-18T160058.972.png

ICT area (main investment areas: Fintech, communication [AR / VR], security, media content, Bigdata, cloud, IoT / drone, marketing / advertising, medical / healthcare, robotics, power / battery, AI, Enterprise, education )

b5d2903c1266a3794f318aead1cd093f.jpg
HPATR_BioMEC-X_Image_3.001.jpg
head4.png
d44b0f6a9cccae7fe06d5113961a9724.jpg
58fe9eb793a1b7a10a6edbb5600632a3.jpg
Turing_Bowl_72_large.jpg
Screenshot.png
AI2-1000x667.png
ai-education_resized.jpg
ai-education-banner-new-2.jpg
1_Primary_logo_on_transparent_298x67.png
1_Primary_logo_on_transparent_298x67.png
1_Primary_logo_on_transparent_298x67.png
1_Primary_logo_on_transparent_298x67.png
1_Primary_logo_on_transparent_298x67.png
1_Primary_logo_on_transparent_298x67.png

株式会社最先端技術研究所は 高い品質と独自技術で特徴の最先端科学技術製品を開発・提供し、豊かな未来を切り拓いていきます。AIなどの先端技術を活用した調査研究および実証実験支援や、新技術領域のサービス・製品の企画、コンセプトモデルの実証を行います。

  • 先端技術領域における調査研究

  • システムコンサルティング

  • ソリューションサービス

  • プロダクトソリューション

1_Primary_logo_on_transparent_298x67.png
yuhonghong.png
dc80a3f9d91cefa1705f097cf0dae2b5.jpg
7a42ac4513f452c15df087aa18411ffb.jpg
Screenshot (1).png
14C5DF17-B02B-45AA-A85F-BDAC866F48A1.png
Screenshot (5).png
Screenshot (41).png
Screenshot (44).png
yuhonghong.png
Picture1.jpg
200px-University_of_Cambridge_coat_of_ar
200px-Coat_of_arms_of_the_University_of_
yuhonghong.png
E3838FE383BCE38390E383BCE38389E5A4A7E5AD
Hc1--hvntnkq2677305.png

取締役国龍卒業CambridgePhD、oxford大学教授,LCFI 研究開発

代表取締役多原紅紅卒業ハーバード大学PhD、MIT大学研究開発

Screenshot (2).png
1_Primary_logo_on_transparent_298x67.png
1_Primary_logo_on_transparent_298x67.png
一般社団法人貿易振興最先端技術協会_ページ_02.jpg
Rugby20Schoo20237.jpg
健康長寿ネットと健康な心と体づくり会.png

最先端技術研究所

目標は、最先端技術グビジネスに注力している企業、および最先端技術関連の研究と人材に注力している近隣諸国の最先端技術人工知能(AI)IOT Bloackchain

量子computing,XR,DXビジネスを加速することです。 (1)最先端技術人材育成、学会、学術講演会、セミナー等

(2)関係機関との情報交換・連携

(3)最先端技術の活用促進のための人工知能ソリューションに関するコンサルティング

(4)日本と外国交流と協力・グローバル化

(6)法人の目的を達成するために必要なその他の業務

(6)前項の業務は、国内外で行うものとする。

以下の5つの活動を行います。

(1)最先端技術人材育成

今後も最先端技術I業界を支えていく研究者・学生を対象に、さまざまなセミナーやワークショップを開催します。

(2)最先端技術業界就職支援

AI業界で就職したい方やAI技術を学びたい方のために、会社説明会を通じて就職支援を行います。

(3最先端技術Iソリューションコンサルティング

(4)人工知能の利用を促進する

(5)日本と外国交流と協力・グローバル化

日本と、中国および周辺国の関係機関との連携を推進します。 最先端技術に関するニュース、最先端技術業界の動向、最先端技術技術開発の動向最先端技術製品やサービスの利用事例、専門家へのインタビュー、その他の情報を整理して会員に提供します。

産業の健全な発展を促進するために、例えば、企業と専門家を中核とする企業と専門家による産業発展を促進するため、人材育成は、公共機関や産業への提言、国際協力、社会対話などを行います。必要な活動を行います

ボードについて

取締役会は、社長、取締役、監査役、特別顧問で構成されています。

委員会について

産業利用促進委員会

事例の収集、問題の抽出、セミナーやガイドなどの情報発信により、ディープラーニングの産業への応用を推進します。

公共政策委員会

最先端技術を実施する社会との国際協力・対話を行います。さまざまな団体と連携し、協会という形で社会に情報を発信していきます。

人材育成委員会

最先端技術を使用するスキルを学習し、最先端技術試験のシラバスを開発します。テスト、確認、テスト問題の整理、テストの実施を行います。

 

メンバーの実績(抜粋)

・協会認証(ロゴ)と協会会員ロゴをご利用いただけます。

-メンバー専用イベント、メンバー専用ページ、関連する内部Slackへのアクセスを通じて、最新の情報とネットワークを取得できます。

・委員会に参加することにより、産学連携活動や行政機関への制度的アドバイスを行うことができます。

・協会など様々なメディアの広告スペースをご利用いただけます。

*メンバーシップの権利は、タイプとレベルによって異なります。お問い合わせください。

この協会は、最先端技術に焦点を当てたテクノロジーを通じて、日本と外国の産業競争力を向上させることを目的としています。

したがって、最先端技術をビジネスの中心とする企業や専門家は、産業利用の促進、人材育成、公的機関や産業への助言、国際協力、社会との対話など、産業の健全な発展を促進する上で中心的な役割を果たします。必要な活動を行います

この協会は、最先端技術に焦点を当てたテクノロジーを通じて、日本と中国の産業競争力を向上させることを目的としています。

したがって、最先端技術をビジネスの中心とする企業や専門家は、産業利用の促進、人材育成、公的機関や産業への助言、国際協力、社会との対話など、産業の健全な発展を促進する上で中心的な役割を果たします。必要な活動を行います

 

協会会員

最先端技術ビジネスをコアとし、最先端技術関連の研究と人材育成を専門とする専門家を擁する企業。2人以上の常任メンバーから推薦され、承認を受けるには取締役会によって承認される必要があります。

協会の理事および委員として会員を運営し、株主総会への参加(議決権あり)などの活動を行います。

※正会員はアルファベット順またはアルファベット順、副会員は登録順です。

*会社名の横にある*は設立時のメンバーを表します

正会員企業

アベジャ*

リアロ

 Nvidia LLC *

一般会員エキスパート

国龍

 

一般社団法人貿易振興最先端技術協会

の会長、ケンブリッジ大学のコンピューターサイエンスの博士号、英国のLCFI研究所のトップサイエンティスト、トップの研究所の教授、オックスフォード大学のERPコンサルティング、クラウドテクノロジー、ビッグデータ、ブロックチェーン、人工知能の教授。研究の方向性:マルチメディア技術、ディープラーニング、機械学習、コンピュータービジョン、自然言語処理、レコメンデーションシステム、機械学習、データサイエンス、データマイニングなど。中国人工知能協会、AAA1国際人工知能協会、英国人工知能会員、中国英国人工知能協会ACM会員。 AI、IoT、RPA、ICT、5G、3D、AR、VR、iCLIP、コア産業用ソフトウェア、コアアルゴリズム、最先端のテクノロジー教育/医療/ファイナンス、製造、物流、農業、小売、製造、輸送、スポーツ、航空宇宙、広告、モノのインターネット、ICT、その他の産業

IEEE、NIPS、ICML、COLT、CVPR、ICCV、ECVC、IJCAI、AAAI、UAI、KDD、SIGIR、WWW、ACL、PAMI、IJCV、JMLR、AIJは100回以上公開されています。中国生まれ、日本生まれのイギリス人。

 

 

 

于紅紅

一般社団法人貿易振興最先端技術協会理事、ハーバード大学コンピュータサイエンス博士号、人工知能研究者、中国科学院の学者、JSAI人工知能協会の正会員、IEEE会員、SIGIR会員、CAAI中国人工知能会員、AAA1国際人工知能会員、英国人工知能中国協会のACMメンバーおよび英国人工知能協会のメンバー。彼の主な研究分野は、ERPコンサルティング、クラウドテクノロジー、ビッグデータ、ブロックチェーン、人工知能の専門家、コンピュータービジョン、マルチメディアテクノロジー、機械学習などです。人工知能、モノのインターネット、RPA、OCR-AI、ERP、クラウド、ビッグデータ、ブロックチェーン、ICT、5G、3D、AR、VR、iCLIP、コア産業用ソフトウェア、コアアルゴリズム、ニュートリノ、政府/ローカル政府の最先端技術教育/医療/ヘルスケア、金融、製造、物流、通信/放送、建設/不動産、電気/ガス/水道、ネットワーキング、製薬、農業、小売、製造、輸送、スポーツ、航空宇宙、広告、物ネットワーキング、ICT、その他の産業

IEEE、NIPS、ICML、COLT、CVPR、ICCV、ECVC、IJCAI、AAAI、UAI、KDD、SIGIR、WWW、ACL、PAMI、IJCV、JMLR、AIJは100回以上公開されています。

 

呉翔

Google / Google Brain研究者

グーグル脳研究者。ディープラーニング、強化学習、ロボット工学、ベイジアン機械学習を専門としています。ケンブリッジ大学とマックスプランク研究所で博士課程(機械学習)を修了。ジェフリーヒントンは、トロント大学の工学部の大学院教授です。東京大学客員研究員(松尾研究室)。 CoRL 2019 Best Paper Award、Google Professional Research Award。研究結果は、Google Research Blogpost、MIT Technology Reviewなどで公開されました。カナダ生まれ、日本生まれ。

 

 

岡谷貴之

東北大学大学院情報科学研究科教授

1999年、東京大学大学院工学系研究科数値工学専攻博士課程を修了し、工学博士号を取得。彼は現在、ノースイースタン大学の情報科学科の教授です。 2016年からは理研イノベーションインテリジェンスリサーチセンターのチームリーダーを務めている。知覚情報処理と知能ロボット技術(コンピュータビジョン)を専門としています。

主な著書「深層学習」(講談社2015年)は、人工知能学習の教科書として位置付けられています。

http://www.vision.is.tohoku.ac.jp/jp/home/

 

緒方哲也

早稲田大学表現工学科教授

1993年早稲田大学理工学部機械工学科卒業。 2012年より同大学助教授、ヒューマノイド生物学研究所客員講師・准教授、理化学研究所脳科学研究所研究員、京都大学大学院情報学研究科・講師・准教授。日本ロボット学会の理事、人工知能学会の理事、計測制御学会の理事を歴任。 2017年からは、国立研究開発法人産業技術総合研究所のAI研究センターでも特別研究員を務めています。 Exa Wizards Co.、Ltd.の技術コンサルタントを務める。

https://ogata-lab.jp/ja/

 

太極拳犬沼

ストリア法律事務所代表パートナー弁護士

1997年、京都大学法科大学院卒業。 2000年弁護士登録。 2015年には、起業家のサポートに焦点を当て、ストリア法律事務所を他の法律事務所と共同で設立し、現在まで継続しています。法務およびデータ/ AI法務の開始を専門としています。現在、弁護士として、さまざまな種類のAIスタートアップ(医療、製造、プラットフォームなど)をサポートしています。 AIの開発、使用、責任に関する多くのセミナーを開催し、参加しました。経済産業省「-AI /データ契約ガイドライン」検討委員会委員(-2018.3)。

https://storialaw.jp/lawyer/3041

 

 

松尾風水

東京大学大学院工学研究科教授

1997年、東京大学工学部電子情報工学科卒業。 2002年に同大学院博士課程を修了。博士(工学)。同年より、国立研究開発法人産業技術総合研究所の研究員。 2005年からスタンフォード大学の客員研究員。 2019年以降の現在の位置。人工知能、ウェブマイニング、ビッグデータ分析を専門としています。以前は、AI協会で編集委員長(2012-2014)および倫理委員長(2014-2018)を務めていました。 2017年、日本ディープラーニング協会代表理事。彼の著書には「人工知能は人間を超えるのか?」 Beyond Deep Learning」(KADOKAWA)。

https://weblab.t.u-tokyo.ac.jp/

 

丸山ヒロ

優先ネットワークPFNメンバー

1983年、東京工業大学大学院理工学研究科修士課程を修了。同年、日本アイ・ビー・エム株式会社に入社。人工知能、自然言語処理、機械翻訳、その他の研究に従事。 1995年に京都大学で博士号を取得。東京工業大学情報理工学研究所客員准教授、日本IBM(株)日本研究所所長、キヤノンデジタルプラットフォーム開発部次長、国立情報システム研究所統計数理研究所2016教授がPreferred Networks、Inc.に任命されました。最高戦略責任者。 2018年4月以降の現在の位置。

 

サポートメンバー

協会の目的をサポートし、ディープラーニングと人材採用の社会実装に情熱を傾けている企業と組織。

取締役、コンサルタント、候補者の昇進、株主総会への出席(議決権なし)などの活動を行う。

Huawei Technologies Co.、Ltd

 Google LLC

NTTドコモ

デロイトトウシュトーマツ

資格試験について

•試験と資格の概要

•試験時間

•候補者数の変化

•実装レポート

•最先端技術テストについて

•AI深層学習理論を理解し、適切な方法を選択して実装する能力と知識があることを証明します。

試験の受験資格J先端技術

認定プログラム(* 1)は試験日から2年以内に完了(* 2)

実装の概要テスト時間:120分

知識の質問(複数の選択肢、約100の質問)

さまざまな場所の指定されたテスト場所でテストする

試験会場への申し込み時に必要な会場を選択してください(* 3)

質問範囲先端技術

認定計画完了レベルのコース概要の質問(* 4)

一般受験料:33,000円(税込)(※5)

学生:22,000円(税込)

会員:27,500円(税込)(※6)

•メモの詳細を表示するには、ここをクリックしてください(*)

先端技術

の資格について

•ディープラーニングの基本的な知識を持ち、適切な使用戦略を決定し、ビジネスを使用する能力または知識があるかどうかをテストします。

無制限の資格

実装の概要テスト時間:120分

知識の質問(複数選択、220の質問)

オンライン(自宅でテストを受ける)

シラバスの質問

受験料:12,000円(税別)

学生:5,000円(税抜)

※2020年のみ※2一般:6,000円(税抜)学生:2,500円(税抜)

•MIT試験について

•深層学習理論を理解し、適切な方法を選択して実装する能力と知識があることを証明します。

試験を受けるための資格は、試験日から過去2年以内にMIT認定プログラム(* 1)を完了する必要があります(* 2)

実装の概要テスト時間:120分

知識の質問(複数の選択肢、約100の質問)

さまざまな場所の指定されたテスト場所でテストする

試験会場への申し込み時に必要な会場を選択してください(* 3)

質問範囲MIT認定コース修了レベルのシラバスにある質問(* 4)

一般受験料:330,000円(税込)(※5)

学生:22万円(税込)

会員:270,500円(税込)(※6)

•メモの詳細を表示するには、ここをクリックしてください(*)

•ケンブリッジ大学資格

•ディープラーニングの基本的な知識を持ち、適切な使用戦略を決定し、ビジネスを使用する能力または知識があるかどうかをテストします。

無制限の資格

実装の概要テスト時間:120分

知識の質問(複数選択、220の質問)

オンライン(自宅でテストを受ける)

シラバスの質問

一般受験料:120万円(税抜)

学生:50万円(税別)

※2020年のみ※2通常:60,000円(税抜)学生:20,500円(税抜)

•オックスフォード大学認定について

•深層学習理論を理解し、適切な方法を選択して実装する能力と知識があることを証明します。

試験を受ける資格は、試験日から過去2年以内に完了する必要があります(* 2)オックスフォード大学認定プログラム(* 1)

実装の概要テスト時間:120分

知識の質問(複数の選択肢、約100の質問)

さまざまな場所の指定されたテスト場所でテストする

試験会場の申し込み時に必要な会場を選択してください3)

質問範囲オックスフォード認定プログラムの完了レベルのシラバス内の質問(* 4)

一般受験料:330,000円(税込)(※5)

学生:22万円(税込)

会員:270,500円(税込)(※6)

•メモの詳細を表示するには、ここをクリックしてください(*)

お問い合わせ・お申し込みはこちら

太田哲監査人

ケンブリッジ大学議長の国竜教授/ LCFI研究員

HOCIntelligent Technologyの社長兼最高技術責任者

ハーバード大学工学部香港博士

HOC Smart Technologyの社長兼CEO

Edwin Catmaru ACMチューリング賞

MIT教授/ Google / AI研究ディレクター

オックスフォード大学博士課程教授/

ケンブリッジ大学教授

清華大学教授

東京大学教授

ハーバード大学工学部/ Amazon AIリサーチディレクター/アリババ人工知能

MIT Ph.D.教授/主任AIlabリサーチディレクター

IEEEの特別顧問Pat Hanrahan CEO / Microsoft AI Researchのディレクター

ACM A.M.チューリング賞

天元康

2020年に設立

所在地577577-0831大阪府東大阪市俊徳町4丁目9番35号

ウェブサイトwww.jcdla.org www.cjdla.com  www.nekkyoai.com

メディア

パートナー

華為中国

アリババグループ

バイドゥ

HOCインテリジェントテクノロジーHOCインテリジェントテクノロジー

グーグル

アマゾン

フェイスブック

SAP

マイクロソフト

連絡先:06-6753-8862、090-87479395(営業日10:00-17:00 /審査日11:00-16:00)

メール:info@jcdla.org

番号:oxhabridge、番号:goulong1995、番号:yuhonghong

Tel:86 15358411774(平日10:00-17:00 /研修日11:00-16:00

メール:info@cjdla.com

WeChat ID:oxhabridge、WeChat yuhonghong7035、WeChat hocit2019

Cutting-edge Technology Lab

The goal is state-of-the-art artificial intelligence (AI) IOT Bloackchain for companies focusing on cutting-edge technology business and neighboring countries focusing on cutting-edge technology-related research and human resources.

Quantum computing, XR, DX is to accelerate the business. (1) Development of cutting-edge technology human resources, academic societies, academic lectures, seminars, etc.

(2) Information exchange and cooperation with related organizations

(3) Consulting on artificial intelligence solutions to promote the utilization of cutting-edge technology

(4) Japan and foreign exchange, cooperation and globalization

(6) Other business necessary to achieve the purpose of the corporation

(6) The work set forth in the preceding paragraph shall be carried out at home and abroad.

We will carry out the following five activities.

(1) Development of cutting-edge technology human resources

We will continue to hold various seminars and workshops for researchers and students who will support the cutting-edge technology I industry.

(2) Cutting-edge technology industry employment support

For those who want to get a job in the AI ​​industry or learn AI technology, we will provide employment support through company information sessions.

(3 State-of-the-art technology I solution consulting

(4) Promote the use of artificial intelligence

(5) Japan and foreign exchange, cooperation and globalization

We will promote cooperation between Japan and related organizations in China and neighboring countries. We organize news about cutting-edge technology, trends in the cutting-edge technology industry, trends in cutting-edge technology development, use cases of cutting-edge technology

products and services, interviews with experts, and provide other information to our members.

In order to promote the sound development of industry, for example, in order to promote industrial development by companies and specialists centered on companies and specialists, human resource development is a proposal to public institutions and industries, international cooperation, and

social dialogue. And so on. Do the necessary activities

About the board

The Board of Directors consists of the President, Directors, Audit & Supervisory Board Members, and Special Advisors.

About the committee

Industrial Utilization Promotion Committee

We will promote the application of deep learning to the industry by collecting case studies, extracting problems, and disseminating information such as seminars and guides.

Public Policy Committee

We will carry out international cooperation and dialogue with society that implements cutting-edge technology. In cooperation with various organizations, we will disseminate information to society in the form of associations.

Human Resources Development Committee

Learn the skills to use cutting-edge technology and develop a syllabus for cutting-edge technology

exams. Tests, confirms, organizes test questions, and conducts tests.

 

Achievements of members (excerpt)

・ Association certification (logo) and association member logo can be used.

* Membership rights vary by type and level. Please contact us.

The association aims to improve the industrial competitiveness of Japan and foreign countries through technology focused on cutting-edge technology.

Therefore, companies and specialists whose business is centered on cutting-edge promote the sound development of industry by promoting industrial use, human resource development, advice to public institutions and industries, international cooperation, and dialogue with society. It plays a central role in doing so. Do the necessary activities

technology

The association aims to improve the industrial competitiveness of Japan and China through technology focused on cutting-edge technology.

Therefore, companies and specialists whose business is centered on cutting-edge technology promote the sound development of industry by promoting industrial use, human resource development, advice to public institutions and industries,

international cooperation, and dialogue with society. It plays a central role in doing so. Do the necessary activities

 

Association member

A company with cutting-edge technology business as its core, and specialists

edge technology-related research and human resource development. Recommended by two or more permanent members and must be approved by the Board of Directors for approval.

It manages members as directors and committee members of the association, and engages in activities such as participation in general meetings of shareholders (with voting rights).

specializing in cutting-

* Regular members are in alphabetical order or alphabetical order, and secondary members are in registered order.

* Next to the company name * represents the member at the time of establishment

Regular member company

Abeja *

Realo

 Nvidia LLC *

General member expert

Kokuryu

 

General Incorporated Association Trade Chairman, Ph.D. in Computer Science, University of Cambridge, Top Scientist at LCFI Institute in the UK, Professor at Top Institute, Professor at Oxford University ERP Consulting, Cloud Technology, Big Data, Blockchain, Artificial Intelligence. Research direction: Multimedia technology, deep learning, machine learning, computer vision, natural language processing, recommendation system, machine Promotion Cutting-edge Technology Associationlearning, data science, data mining, etc. China Artificial Intelligence Association, AAA1 International Artificial Intelligence Association, UK Artificial Intelligence Member, China-British Artificial Intelligence Association ACM Member. AI, IoT, RPA, ICT, 5G, 3D, AR, VR, iCLIP, core industrial software, core algorithms, cutting-edge technology education / medical / finance, manufacturing, logistics,

agriculture, retail, manufacturing, transportation, sports, Aerospace, advertising, internet of things, ICT and other industries

IEEE, NIPS, ICML, COLT, CVPR, ICCV, ECVC, IJCAI, AAAI, UAI, KDD, SIGIR, WWW, ACL, PAMI, IJCV, JMLR, AIJ have been published more than 100 times. An Englishman born in China and Japan.

Yu Hong Hong

Director of Japan Trade Promotion Advanced Technology Association, Ph.D. in Computer Science, Harvard University, Artificial Intelligence Researcher, Scholar of Chinese Academy ofSciences, Regular Member of JSAI Artificial Intelligence Association, IEEE Member, SIGIR Member, CAAI China Artificial Intelligence Member, AAA1 International Artificial Intelligent member, ACM member of the British Artificial Intelligence China Association and a member of the British Artificial Intelligence Association. His main areas of research include ERP consulting, cloud technology, big data,blockchain, artificial intelligence experts, computer vision, multimedia technology and machine learning. Artificial Intelligence, Internet of Things, RPA, OCR-AI, ERP, Cloud, Big Data, Blockchain, ICT, 5G, 3D, AR, VR, iCLIP, Core Industrial Software, Core Algorithms, Nutrino, Government / Local Government State-of-the-art technology education / medical / healthcare, finance, manufacturing,

Google LLC

NTT DoCoMo

Deloitte Touche Tohmatsu

About qualification exam

• Exam and qualification overview

•test time

• Changes in the number of candidates

Online (take a test at home)

Syllabus question

General examination fee: 1.2 million yen (excluding tax)

Student: 500,000 yen (excluding tax)

* 2020 only * 2 Normal: 60,000 yen (tax excluded) Student: 20,500 yen (tax excluded)

Number: oxhabridge, Number: goulong1995, Number: yuhonghong

Tel: 86 15358411774 (Weekdays 10: 00-17: 00 / Training days 11: 00-16: 00

Email: info@nekkyoai.com

WeChat ID: oxhabridge, WeChat yuhonghong7035, WeChat hocit2019

尖端技术研发室

目标是为专注于尖端技术业务的公司和邻近国家/地区专注于尖端技术相关研究和人力资源的最先进的人工智能(AI)IOT Bloackchain。

量子计算,XR,DX正在加速业务发展。 (1)开发尖端技术人力资源,学会,学术讲座,研讨会等

(2)与有关组织的信息交流与合作

(3)咨询人工智能解决方案以促进尖端技术的利用

(4)日本与外汇,合作与全球化

(6)为达到法人的目的所必需的其他业务

(6)前款规定的工作应在国内外进行。

我们将开展以下五项活动。

(1)开发尖端技术人才

我们将继续为研究人员和学生举办各种研讨会和讲习班,以支持尖端技术I行业。

(2)尖端技术产业就业支持

对于那些想要在AI行业工作或学习AI技术的人,我们通过公司信息发布会提供就业支持。

(3最先进的技术I解决方案咨询

(4)促进人工智能的使用

(5)日本与外汇,合作与全球化

我们将促进日本与中国及邻国相关组织之间的合作。我们组织并向成员提供有关尖端技术,尖端技术行业趋势,尖端技术发展趋势,尖端技术产品和服务的使用案例,专家访谈以及其他信息的新闻。

为了促进行业的健康发展,例如为了促进以公司和专家为中心的公司和专家的产业发展,人力资源开发是对公共机构和行业,国际合作,社会对话的建议。等等。做必要的活动

关于董事会

董事会由总裁,董事,审计师和特别顾问组成。

关于委员会

工业利用促进委员会

我们将通过收集案例研究,提取问题以及传播诸如研讨会和指南之类的信息,来促进深度学习在行业中的应用。

公共政策委员会

我们将与实施最新技术的社会进行国际合作和对话。我们将与各种组织合作,以协会的形式向社会传播信息。

人力资源开发委员会

学习使用尖端技术的技能,并开发用于尖端技术测试的shirabus。测试,确认,组织测试问题并进行测试。

 

成员成就(节选)

・可以使用协会认证(徽标)和协会会员徽标。

-通过访问仅限会员的事件,仅限会员的页面以及相关的内部Slack,获取最新的信息和网络。

・通过参加委员会,您可以向政府机构提供产学合作活动和机构建议。

・您可以使用协会等各种媒体的广告空间。

*会员权利因类型和级别而异。请联系我们。

该协会旨在通过专注于尖端技术的技术来提高日本和国外的工业竞争力。

因此,以尖端技术为业务中心的公司和专家可以促进工业的健康发展,例如促进工业使用,人力资源开发,对公共机构和产业的建议,国际合作以及与社会的对话。它在其中起着核心作用。做必要的活动

该协会致力于通过专注于尖端技术的技术来提高日本和中国的工业竞争力。

因此,以尖端技术为业务中心的公司和专家可以促进工业的健康发展,例如促进工业使用,人力资源开发,对公共机构和产业的建议,国际合作以及与社会的对话。它在其中起着核心作用。做必要的活动

 

协会会员

以尖端技术业务为核心的公司,专门从事尖端技术相关研究和人力资源开发的专家。由两个或两个以上常任理事国推荐,且必须经董事会批准。

它管理着作为董事和协会成员的成员,并从事诸如参加股东大会(具有表决权)之类的活动。

*普通会员按字母顺序或字母顺序排列,次要会员按注册顺序排列。

*公司名称旁边*代表成立时的成员

正式会员公司

阿贝贾*

Realo

 Nvidia LLC *

普通会员专家

国龙

 

一般社团法人贸易振兴前沿科技协会

剑桥大学计算机科学系主席,英国LCFI研究所顶级科学家,牛津大学ERP咨询研究所顶级研究所教授,云技术,大数据,区块链,人工智能教授。研究方向:多媒体技术,深度学习,机器学习,计算机视觉,自然语言处理,推荐系统,机器学习,数据科学,数据挖掘等。中国人工智能协会,AAA1国际人工智能协会,英国人工智能会员,中英人工智能协会ACM会员。 AI,IoT,RPA,ICT,5G,3D,AR,VR,iCLIP,核心工业软件,核心算法,尖端技术教育/医疗/金融,制造业,物流业,农业,零售业,制造业,运输业,体育,航空航天,广告,物联网,信息通信技术及其他行业

IEEE,NIPS,ICML,COLT,CVPR,ICCV,ECVC,IJCAI,AAAI,UAI,KDD,SIGIR,WWW,ACL,PAMI,IJCV,JMLR,AIJ已出版了100多次。一位在中国和日本出生的英国人。

 

 

 

于洪红

贸易促进先进技术协会理事,哈佛大学计算机科学博士,人工智能研究员,中国科学院学者,JSAI人工智能协会常任理事,IEEE会员,SIGIR会员,CAAI中国人工智能会员,AAA1国际人工智慧聪明的会员,英国人工智能中国协会的ACM会员和英国人工智能协会的会员。他的主要研究领域包括ERP咨询,云技术,大数据,区块链,人工智能专家,计算机视觉,多媒体技术和机器学习。人工智能,物联网,RPA,OCR-AI,ERP,云,大数据,区块链,ICT,5G,3D,AR,VR,iCLIP,核心工业软件,核心算法,Nutrino,政府/地方政府最先进的技术教育/医疗/保健,金融,制造,物流,电信/广播,建筑/房地产,电力/燃气/水,网络,制药,农业,零售,制造,运输,体育,航空,广告,商品网络,信息通信技术及其他行业

IEEE,NIPS,ICML,COLT,CVPR,ICCV,ECVC,IJCAI,AAAI,UAI,KDD,SIGIR,WWW,ACL,PAMI,IJCV,JMLR,AIJ已出版了100多次。

 

吴翔

Google / Google Brain Researcher

谷歌大脑研究员。专门从事深度学习,增强型学习,机器人工程和基础机器学习。在剑桥大学和马克斯·普朗克学院完成博士课程(机器学习)。 Jeffrey Hinton是多伦多大学的工程学研究生教授。东京大学客座研究员(松尾实验室)。 CoRL 2019最佳论文奖,Google专业研究奖。研究结果已经发表在Google Research Blogpost,MIT Technology Review等上。出生于加拿大,出生于日本。

 

 

冈谷孝之

东北大学情报学研究科教授

1999年,他在东京大学工程学研究生院数值工程系完成了博士学位课程,并获得了工程学博士学位。他目前是东北大学信息科学教授。自2016年以来,他一直担任RIKEN创新情报研究中心的团队负责人。我们专注于感知信息处理和智能机器人技术(计算机视觉)。

他的主要著作《深度学习》(Kodansha,2015年)被定位为人工智能学习的教科书。

http://www.vision.is.tohoku.ac.jp/jp/home/

 

绪方哲也

早稻田大学表达工程学系教授

1993年毕业于早稻田大学科学技术学院机械工程系。自2012年以来,他一直是同一所大学的助理教授,人形生物学研究所的客座讲师/副教授,物理化学研究所脑科学研究所的研究员以及京都大学信息学研究生院的讲师/副教授。他曾担任日本机器人学会理事,人工智能学会理事和测量与控制学会理事。自2017年以来,他还是美国国家研发公司工业技术研究院AI研究中心的特别研究员。他是Exa Wizards Co.,Ltd.的技术顾问。

https://ogata-lab.jp/ja/

 

太极拳犬沼

斯托里亚法律事务所代表合伙人律师

1997年毕业于京都大学法学院。 2000年注册为律师。 2015年,我们专注于企业家的支持,与其他律师事务所共同创立了Stria律师事务所,并一直持续到今天。专门从事法律事务和数据/ AI法律事务的启动。目前,作为律师,他支持各种类型的AI创业公司(医疗,制造,平台等)。我们举办并参加了许多有关AI开发,使用和责任感的研讨会。经济产业省“ -AI /数据合同指南”审核委员会成员(2018年3月)。

https://storialaw.jp/lawyer/3041

 

 

松尾风水

东京大学大学院工学系教授

1997年毕业于东京大学工程学院电子与信息工程系。 2002年在同一研究生院完成了博士课程。医生(工程学)。自同一年以来,他一直是美国国家研发公司工业技术研究所的研究员。自2005年以来,他一直是斯坦福大学的客座研究员。 2019年之后的当前职位。专门从事人工智能,Web挖掘和大数据分析。此前,他是AI协会编辑委员会主席(2012-2014)和道德委员会主席(2014-2018)。 2017年,他担任日本深度学习协会的代表理事。超越深度学习(KADOKAWA)的著作《人工智能超越了人类吗?

https://weblab.t.u-tokyo.ac.jp/

 

丸山浩

首选网络PFN成员

1983年在东京工业大学科学与工程研究生院完成硕士课程。同年,加入日本IBM有限公司。从事人工智能,自然语言处理,机器翻译等研究。 1995年获得京都大学博士学位。东京工业大学信息科学与工程研究所客座副教授,IBM日本有限公司日本研究所所长,佳能数字平台开发部副主任,国立信息系统研究所统计数学研究所2016年教授被任命为Preferred Networks,Inc.它是。首席战略官。 2018年4月之后的当前职位。

 

支持成员

支持协会宗旨并热衷于深度学习和招聘的社会实施的公司和组织。

提拔董事,顾问和候选人,出席股东大会(无表决权)等活动。

华为技术有限公司

 Google LLC

NTT Docomo

德勤华永会计师事务所

关于资格考试

•考试和资格概述

•测试时间

•候选人数量的变化

•实施报告

•关于尖端技术测试

•证明您有能力和知识来理解AI深度学习理论,并选择和实施正确的方法。

考试资格J先进技术

从考试日期(* 2)起2年内完成认证程序(* 1)

实施概述测试时间:120分钟

知识问题(多项选择,约100个问题)

在各个位置的指定测试位置进行测试

申请考场时请选择所需的场地(* 3)

问题范围先进技术

关于认证计划完成水平的课程大纲的问题(* 4)

普通考试费:33,000日元(含税)(* 5)

学生:22,000日元(含税)

会员:27,500日元(含税)(* 6)

•单击此处查看备忘录的详细信息(*)

先进的技术

关于资格

•具有深度学习的基础知识,确定适当的使用策略,并测试您使用业务的能力或知识。

无限资格

实施概述测试时间:120分钟

知识问题(多项选择,220个问题)

在线(在家中进行测试)

Shirabus问题

考试费用:12,000日元(不含税)

学生:5,000日元(不含税)

*仅限2020年* 2一般:6,000日元(不含税)学生:2,500日元(不含税)

•关于MIT考试

•证明您有能力和知识来理解深度学习理论,并选择和实施适当的方法。

要获得考试资格,您必须在考试日期(* 2)的最近两年内完成MIT认证计划(* 1)。

实施概述测试时间:120分钟

知识问题(多项选择,约100个问题)

在各个位置的指定测试位置进行测试

申请考试场地时请选择所需的场地(* 3)

问题范围MIT认可的课程完成水平Shirabus(* 4)中的问题

普通审查费:330,000日元(含税)(* 5)

学生:220,000日元(含税)

会员:270,500日元(含税)(* 6)

•单击此处查看备忘录的详细信息(*)

•剑桥大学资格

•具有深度学习的基础知识,确定适当的使用策略,并测试您使用业务的能力或知识。

无限资格

实施概述测试时间:120分钟

知识问题(多项选择,220个问题)

在线(在家中进行测试)

Shirabus问题

普通审查费:120万日元(不含税)

学生:500,000日元(不含税)

*仅2020年* 2普通:60,000日元(不含税)学生:20,500日元(不含税)

•关于牛津大学认证

•证明您有能力和知识来理解深度学习理论,并选择和实施适当的方法。

参加考试的资格必须在考试之日起的最近两年内完成(* 2)牛津大学认证计划(* 1)

实施概述测试时间:120分钟

知识问题(多项选择,约100个问题)

在各个位置的指定测试位置进行测试

申请考试场地时请选择所需场地3)

问题范围在牛津认证计划完成级别的Shirabus中的问题(* 4)

普通审查费:330,000日元(含税)(* 5)

学生:220,000日元(含税)

会员:270,500日元(含税)(* 6)

•单击此处查看备忘录的详细信息(*)

••

••

点击这里查询和申请

大田聪审计员

剑桥大学主席/ LCFI研究员Kuniryu教授

HOC智能技术总裁兼首席技术官

哈佛大学工程学院香港博士

HOC Smart Technology总裁兼首席执行官

Edwin Catmaru ACM图灵奖

麻省理工学院教授/ Google / AI研究总监

牛津大学博士课程教授/

剑桥大学教授

清华大学教授

东京大学教授

哈佛大学工程学院/亚马逊AI研究总监/阿里巴巴人工智能

麻省理工学院博士教授/ AIlab首席研究总监

IEEE特别顾问Pat Hanrahan首席执行官/微软AI研究总监

ACM A.M.图灵奖

天元康

成立于2020年

地点大阪府东大阪市顺德町577-0831 4-9-35

网站www.jcdla.org www.cjdla.com www.nekkyoai.com

媒体

伙伴

华为中国

阿里巴巴集团

白道

HOC智能技术HOC智能技术

谷歌

亚马孙

脸书

树液

微软

联系人:06-6753-8862,090-87479395(工作日10:00-17:00 /考试日11:00-16:00 yuhong268@gmail.com

电话:86 15358411774(平日10:00-17:00 /培训日11:00-16:00

微信ID:oxhabridge,微信yuhonghong7035,微信hocit2019

一般社団法人貿易振興最先端技術協会_ページ_07.jpg
Screenshot - 2020-12-30T015648.747.png
ダウンロード (6).png
一般社団法人貿易振興最先端技術協会_ページ_06.jpg
一般社団法人貿易振興最先端技術協会_ページ_01.jpg
Screenshot - 2020-12-29T233553.580.png
future-of-blockchain_600x334.jpg
how-building-and-cars_600x334.jpg
imc-partner-day_600x334.jpg
knowledge-graphs-600x334.jpg
connections-summit_600x334.jpg
sae-educating-consumers-adas-600x334.jpg
one-smart-thermometer-600x334.jpg
tech-redefining-sports-fan-experience_60
IMG_1309.GIF
IMG_1265.JPG
Screenshot - 2020-12-30T005433.599.png
Screenshot - 2020-12-30T005701.147.png
Screenshot - 2020-12-30T005817.439.png
Screenshot - 2020-12-29T235338.448.png
Screenshot - 2020-12-30T010140.948.png
Screenshot - 2020-12-30T003656.995.png
Screenshot - 2020-12-30T010505.625.png
Screenshot - 2020-12-30T010340.825.png
ダウンロード.png
Screenshot - 2020-12-29T235509.602.png
Screenshot - 2020-12-30T004506.556.png
Screenshot - 2020-12-30T010605.577.png
Screenshot - 2020-12-30T004631.942.png
Screenshot - 2020-12-30T003941.866.png
Screenshot - 2020-12-30T011836.549.png
123.jpg
IMG_1306.PNG
1.jpg
IMG_1284.GIF

DJ社と共同研究開発

4102.jpg
doctor-on-demand_600x334.jpg
sports-tech_600x334 (1).jpg
sustainable-energy_600x334.jpg
tech-from-farm-to-table_600x334.jpg
d70041-3-756464-0.jpg
doctors-step-up_600x334.jpg
dreamlandxr_600x334.jpg
variety-partner_600x334.jpg
branding-for-good-resize_600x334.jpg

Google社(Fitbit)と共同研究開発

IMG_1290.JPG
IMG_1283.PNG
IMG_1305.GIF
IMG_1298.PNG
IMG_1293.JPG
IMG_1308.JPG
IMG_1168.PNG
barbie-girl-600x334.jpg
sports-tech_600x334.jpg
automotive-news-shift-mobility_600x334.j
cta-foundation_600x334.jpg
35945c3eccc2b0b4cefbbe723ba237c8.jpg
4176.jpg
entrepreneur-593358_1920_b44586a201.jpg
IMG_1303.PNG
2954d3c495db2546a6b04d8d06ea0b0c.jpg
Screenshot - 2021-01-18T232617.692.png
IMG_1148.PNG
IMG_1132.GIF
Screenshot (2).png
_DR59510.jpg
HPATR_BioMEC-X_Image_3.001.jpg
1355.jpg
IMG_1310.PNG
1357.jpg
タイトルなし.png

私たちの天才賞

Screenshot.png
65d043ddadccf8d063df95b5e0f68f58.jpg
Screenshot - 2021-01-19T004047.875.png
a6cfead9da727b85ba7370c57527aeef.jpg
1224279c40df3e64a9ef5f5daf2f3006.jpg
d44b0f6a9cccae7fe06d5113961a9724.jpg
Screenshot - 2021-01-18T232430.624.png
4252.jpg
Screenshot (1).png
head4.png
3672544f048e8c39c265c982bd57774b.jpg
4224.jpg
4225.jpg
9978e12b71cf4fcb2b464f6676525134.jpg
1348.jpg
4159.jpg
1349.jpg
4166.jpg
1e7a24486671da4a425099340169435d4a446350
IMG_1172.PNG
4177.jpg
4222.jpg
54061916.jpg
70348528.jpg
4168.jpg
4166.jpg
4232.jpg
1934.jpg
4174.jpg
only-prop-g687663970.jpg.pwcimage.370.20
4171.jpg
4165.jpg
68765108.jpg
4158.jpg
4163.jpg
4173.jpg
4170.jpg
67067930.jpg
IMG_1225.JPG

Partner NVIDIA

4162.jpg
1354.jpg
Screenshot (1).png
SC12B01K.jfif
4164.jpg
64288106.jpg
IMG_1223.JPG
20200210133951_3183771575e40de974bd20.jp
66407895.jpg
56016228.jpg
1_Primary_logo_on_transparent_298x67.png
1935.jpg